ホロス加藤 札幌 (カイロ&トリガーポイント)

holoskatou.exblog.jp
ブログトップ

「頚性神経筋症候群」てなに?


頚性神経筋症候群とは
 頭痛・メマイ・ムチウチ症・自律神経失調症・ストレス症候群・うつ状態・慢性疲労症候群・難治更年期障害など、これからの病気の大部分が同じ病気であり、つまり頚部後筋群の異常から起こっていることを松井博士が発見した。
  これまではこれからの病気は薬で一時おさえの治療しかできなかったが、大部分の患者さんが完治することが分かってきた。指示通りに治療を受けた場合は改善率約95%、治癒率約70%である。

治療について
慢性疲労症候群・頭痛・めまい(メニエール症候群)・ムチウチ・自律神経失調・うつ状態・ストレス症候群・パニック症候群・更年期障害(難治)といった潜在的に多くの患者さんが患っている疾患に関して、物理療法を中心とする電気治療、針治療、温熱治療、酸素吸入治療、薬物治療などを巧みに組み合わせた専門的治療を行う。整形外科や整体などで中心的な牽引治療は原則的に行わず、上記の疾患の根治的治療を目指す。


とホームページで述べております。

しかし、この治療方法は従来から行っている整形外科の保存療法と一緒ではないのか。
それに、これらの症状は肩こりや首のこりでも起きることは従来から言われており今更発見したというほどのものでない。それに治療法としては医者ならトリガーポイントブロック注射をした方がはるかに効率がいいと思う。いたずらに訳のわからない病名をつけるのには賛成しかねる。
治療法と症状については加茂整形外科医院を参考にされた方がはるかに役に立つでしょう。



b0153454_9523621.jpg

[PR]
by holosuk | 2009-01-28 09:53 | 情報館